XANAの通貨XETAの買い方とステーキングのやり方

悩んでる人

XANAが発行する仮想通貨XETA(ゼータ) の買い方がわからない!国内取引所にないじゃない!

だいかず

ステーキングしたら報酬をもらえるってきいたけどやり方がわからない!

こんな悩みはありませんか?

本記事ではパソコンでこのようなことをまとめています。

わたしがゼロからXETAを購入してブリッジ・ステーキングまで全てをやってみました。

実際にやってつまづいたポイントを踏まえて詳しく解説します。

目次

XANAとはなんだろう?

XETAに触れる前に、そもそもXANAは何を目指しているコミュニティかを理解しましょう。

XANAとは、NOBORDER.zという企業が開発しているメタバースのプラットフォームです。

XANAのファウンダーはRIOさんでNOBORDER.zのCEO(最高経営責任者)です。

最先端のAI×メタバースという2大事業を柱に注目を集めています。

既に発売されて流通しているものが以下のものです。

現在XANAが展開しているもの

XANA:GENESIS AI機能を搭載した世界初のNFT

XANA LAND:XANA独自のメタバース空間

NFT Duel:NFTカードゲーム

XANALIA:NFTマーケットプレイス

XETA:独自の仮想通貨

XANAは他の有名なメタバースであるSANDBOXなどとは異なり、スマホも対応しているメタバースであることが特徴です。

XANAホームページ

XETAをステーキングするために必要なもの

XANAでXETAステーキングするまでに必要なのは下記のとおりです。

  • 国内仮想通貨取引所
  • ETHまたはXRP
  • 海外仮想通貨取引所
  • USDT
  • AVAX
  • メタマスクのネットワークの設定
  • XETAのブリッジ
悩んでる人

こんなにやることあるの?大変そう…

だいかず

確かにやることは多いですけど、ひとつひとつはむずかしくないです。一緒にやっていきましょう。

XETAはどこで買えるの?

結論を申し上げますと、XETAは国内取引所では直接は買えません。

さらにメタマスクのネットワークの追加があったり、XETAのブリッジなど面倒な処理があります。

そのため、ライバルは少ないのが現状です。

ここまでたどり着くのにかなりの手間がかかりますからね。

早期参入して、豪華な報酬を手に入れましょう!

いまのところ、XETAを買える取引所はこちらです。

XETAを購入できる海外取引所
  • Bybit(私はこちらを使用)
  • Kucoin
  • Gate.io
  • OKX(日本語非対応)

今回はすでに登録していたBybitでXETAを購入しました。

Bybitにした理由
  • 日本語対応のサイトである
  • 世界トップクラス規模の取引所
  • 通貨が非常に豊富
  • スマホアプリがある
  • 口座開設が非常に早い
  • 手数料が安い(0.1%)
  • ハッキング被害なし

XETAの買い方5ステップ

XETAを購入する方法は下記の5ステップです。

☑XETAを買うまでの5ステップ
STEP
国内の仮想通貨取引所で仮想通貨(ETH)を購入する
STEP
Bybitの口座を開設
STEP
国内取引所から仮想通貨をBybitに送金する
STEP
Bybitで仮想通貨を売る
STEP
売って入手したUSDTでXETAを購入

それぞれ解説していきますので、ひとつづつ見ていきましょう!

Step1:国内の仮想通貨取引所で仮想通貨(ETH)を購入

利用するBybitは日本円入出金には対応していません。そのため、仮想通貨で入金する必要があります。

どこの仮想通貨取引所で購入しても問題ありません。開設済みの所があればそこからでも問題ありません。

悩んでる人

仮想通貨は何でもいいの?

だいかず

最終的にはUSDTでXETAを購入します。なのでUSDTとペアになっている仮想通貨を選びましょう。

BTC・ETH・XRP・SOL・MATICあたりでしょうか。

悩んでる人

どこの取引所がいいの?

国内取引所で有名なビットフライヤーとコインチェックの場合だとXRPが送金手数料が安いためおすすめとなります。その他の通貨だと送金手数料が高めです。

GMOコインの場合、仮想通貨に関わらず、一律で購入手数料が安く送金手数料も無料なのでETHでも問題ありません。

だいかず

わたしはGMOコインをメインに使用しています。

送金のやり方は別記事で解説しています。送金先は違いますが、やり方は基本同じです。

取引所によって手数料が異なるため、ご自身の条件の良い取引所を利用してください。

Step2:Bybitの口座を開設

続いてBybitで口座開設しましょう。

Bybitは、Binanceと並び世界最大取引所のひとつです。

最短10分で口座開設でき、手数料が安く、日本語に対応しているので国内取引所と変わらない操作性で人気の取引所です。

だいかず

日本円入金ができればいいのですが…

Step3:国内取引所から仮想通貨をBybit口座に送金する

Bybitの口座を開設したら、各取引所から送金しましょう。

送金手順は下記のとおりです。

送金手順
  • Bybitの口座で入金アドレスをコピー
  • 各取引所で送金手続きする(送金アドレスの登録・実際の送金)
  • bybitで入金確認

普段からメタマスクを使っている方や、NFTを購入している方であれば特に苦労はしないはずです。

これに限ったことではありませんが、送金を間違えるとお金が帰ってきません。

ですので少額の送金テストを必ず行ってから送金をしましょう。

参考までに別の仮想通貨ですが、Bybitに送金する記事を書いてます。

Step4:Bybitで仮想通貨を売る

Bybitで入金確認が取れたら、その仮想通貨を売ってUSDTを買います。

なぜなら、XANAの仮想通貨であるXETAはUSDTとのペアでしか購入できないからです。

そのために送金した仮想通貨をBybit上で売り、USDTを購入する必要があります。

通貨ペアを検索するときに、購入した通貨/USDTの現物で検索してください。

XRP(またはETH)→USDT→XETAの流れで仮想通貨をBybit上で取引していきます。

わたしは、ETHを購入してBybitに送金したので、ETH/USDTの現物でETHを売ってUSDTを買いました。

買いではなく売りですからね。

Step5:売って入手したUSDTでXETAを購入

USDTを手に入れたら、いよいよXETAの購入ができます。

検索でXETAと入力すると、「XETA/USDT」が表示されます。ここでXETAを購入しましょう。

注意!USDTで全てXETAを購入しないでください。

なぜならXETAステーキングの前に必要なブリッジという作業があるのですが、「Avalanche」という仮想通貨:AVAXが必要になります。

BybitからメタマスクへXETAを送金するのですが、送金のチェーンが異なっていて、ブリッジ(乗り換え作業)が必要となります。

AVAXがないと、XETAのブリッジができずステーキングできません。

持っていない方はこのUSDTを使って少額でいいので購入しましょう。

なお、Bybitからメタマスクへ送金しますが、送金手数料が0.02AVAX・20XETA発生します。

メタマスクの設定

Bybitで購入が終わったら、メタマスクの設定をしましょう。

まだの方はこちらから

この設定がないと、メタマスクに送金をしてもメタマスク側が表示されず、送金されたのかわかりません。

必要となる操作は下記となります。

メタマスクに必要な設定
  • XANAチェーン設定
  • AVAXチェーン設定
  • AVAXチェーンにXETAトークンインポート設定

ひとつづつ確実に行えばOKです。ゆっくり進めましょう。

XANAチェーン設定する

現段階ではメタマスクしか対応していないそうです。

  1. メタマスクを起動
  2. 中央上部にあるネットワーク表示欄をクリック
  3. 開いたところにある「ネットワークを追加」を選択する
  4. 新規タブが開くので、「ネットワークを手動で追加」をクリック

下記の情報を入力してください。

  • ネットワーク名:XANAChain
  • 新しいRPC:https://mainnet.xana.net/rpc
  • チェーンID:8888
  • 通信記号:XETA
  • ブロックチェーンエクスプローラー:https://xanachain.xana.net/

保存を押して完了します。

AVAXチェーン設定する

AVAXチェーンをメタマスクに追加するやり方はXANAチェーンを追加する手順と途中までは同じです。

私はネットワーク追加のところでAVAXチェーンの候補が出てきたので選択して追加できましたが、もしなかった場合はネットワークを手動で追加してください。

下記の情報を入力してください。

  • ネットワーク名:Avalanche C-Chain
  • 新規RPC URL:https://api.avax.network/ext/bc/C/rpc
  • チェーンID:43114
  • 通貨記号:AVAX
  • ブロックエクスプローラーのURL:https://snowtrace.io/

保存を押して完了します。

XETAトークンインポート設定

最後に、AVAXネットワークにXETAトークンを表示させるトークンインポートをします。

初期の設定ではトークンはAVAXしかないからです。BybitからこのチェーンにXETAを送金するためトークンインポートが必要になります。

  • メタマスクを起動
  • 画面を下にスクロールして「トークンをインポート」をクリック
  • 下記のトークンコントラクトアドレスを入力

0x31c994AC062C1970C086260Bc61babB708643fAc

その他の「トークンシンボル・トークンの少数桁数」はアドレスを貼り付けたら自動で反映されますので何もしなくて大丈夫です。

反映されたらカスタムトークンを追加で完了です。

メタマスクにBybitからXETAを送金する(まずは少額送金から)

いよいよXETAを送金します。

万が一のために少額でテスト送金を忘れないように。

BybitからXETAの出金手数料は20XETA(2023年5月10日時点では90円弱)です。

だいかず

お金を失うリスクを考えたら安いものです。

体感ですがBybitからの送金は5分もかからずに着金できます。Bybitからのメールでも確認できます。

追加した「Avalanche」チェーンにXETAが表示されていればOKです。

XANAのホームページへアクセス

あなたのメタマスクにXETAとAVAXが入っていればあとはもう少し。

AvalancheチェーンのXETAを、XANAチェーンのXETAにのせかえる「ブリッジ」をしましょう。

XANAのホームページにブリッジできる専用サイトがあります。

https://app.xana.net/bridge/xeta

そちらにアクセスして、メタマスクを接続しましょう。

上の空欄にはAvalancheチェーンのXETA(Bybitから送金したXETA)

下の空欄にはXANAチェーンにブリッジしたXETAが表示されます。

このブリッジに別途用意していただいたAvalancheのAVAXが必要になるのです。

用意しないとブリッジができず躓くことになりますので、AVAXをあわせて用意するのをお忘れないように!(少額でいいですよ)

いよいよXETAステーキングの開始です。

XANAチェーンにXETAがブリッジできたら、いよいよステーキングすることができます。

ステーキングで得られる報酬は下記のような豪華なものです。

ここでの注意点は3点あります。

  • ステーキングは100XETA単位
  • ラッフル期間中(抽選イベント中)はステーキング開始できない
  • ステーキングには、XANAチェーンのXETAトークンが必要

それをふまえて、公式HPにアクセスします。

右上の財布のようなマークをクリック。

メタマスクを選択。

メタマスクの上部にあるドメインが「https://staking.xana.net」となっていることを確認してください。※https://staking.xana.net以外は詐欺サイトです。

するとあなたのウォレットアドレスが右上に入っていると思います。確認できたら下にスクロールしてください。ステーキングの画面があります。

100XETA以上の数値を入力して、STAKE XETAをクリックします。

メタマスクが起動しガス代を支払ったらステーキング完了です。

執筆時点ではガス代は2XETAでした。(1XETAは約5円くらい)

だいかず

やすいですね。

抽選申請をする

14日間のステーキングが完了したら、ジョインラッフル期間に入ります。(約2日間)

その期間中に同じHPに入り、『JOIN RAFFLE』ボタンを押すことを忘れないでください。

①「JOIN RAFFLE!」をクリック。

② ガス代を確認し「確認」をクリック

③ 「TICKET EARNED ALREADY CONSUMED」と表示されれば申請完了です。

これで最後です。お疲れさまでした!!

よくある質問

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次